September 13,2017 新旧唐書蕭瑀伝を読む

『旧唐書』蕭瑀伝に〈太宗以瑀好佛道、嘗賚繡佛像一軀、并繡瑀形狀於佛像側、以為供養之容。又賜王褒所書大品般若經一部、并賜袈裟、以充講誦之服焉。〉という記述があります。
梁明帝蕭巋の子である蕭瑀は南梁蕭氏の仏教信仰の系譜を受け継ぎ大層な崇佛家であり、若い頃から梵行に努めたりしていたらしいのですが、李世民はそんな蕭瑀のために繍佛像、蕭瑀の絵を描かせた繍佛像、王褒の『大品般若経』の一部、更に袈裟を下賜していたそうです。
私人として仏教を好んでいた節のある李世民が、自分と同じく仏教を信奉する蕭瑀に親しみを感じあれやこれやをプレゼントしていた…と解釈できる記述ですが、この贈り物一覧は『旧唐書』蕭瑀伝だけに見えるものであり、『新唐書』蕭瑀伝にはこのラインナップは一切載っていません。
『新唐書』は編纂に関わった宋代文人の政治思想により仏教についての記述が冷淡だと言われていますが、こういった記述の差異がまさしく「冷淡」と言われる所以でしょう。

〈蕭瑀、字時文。高祖梁武帝。曾祖昭明太子。祖詧、後梁宣帝。父巋、明帝。瑀年九歲、封新安郡王、幼以孝行聞。姊為隋晉王妃、從入長安。聚學屬文、端正鯁亮。好釋氏、常修梵行、每與沙門難及苦空、必詣微旨。常觀劉孝標辯命論、惡其傷先王之教…〉
(『旧唐書』蕭瑀伝)

〈蕭瑀、字時文。後梁明帝子也。九歲、封新安王。國除、以女兄為隋晉王妃、故入長安。瑀愛經術、善屬文。性鯁急、鄙遠浮華。嘗以劉孝標辯命論詭悖不經、乃著論非之…〉
(『新唐書』蕭瑀伝)

ディレクターズカットがすごい
『新唐書』は簡潔な記述で書かれている史料なので文字数はさておき、仏教関連の話はごそっとカットされてる。
蕭瑀が崇仏家であることも、前述の通り李世民が蕭瑀にあげたプレゼント一覧もカットされてる。
ところで中央研究院漢籍電子文獻で検索をかけたところ、『新書』蕭瑀伝は「佛」の文字すらもヒットせず、唯一蕭瑀が出家したいと言ったくだりにだけ「瑀好浮屠、間請捨家為桑門…」と書かれていました。
浮屠は仏陀のことで、『新唐書』は仏教を否定的に描くためにこの浮屠という表記を意図的に多用しているようです。

というか李世民が蕭瑀に仏具を贈ったエピソードは、「李世民が仏教を受容していた」ことの表れでもあり、「李世民が蕭瑀と親しんでいた」ことの表れでもあります。
皇帝が臣下に贈り物するなんて一大イベント、李世民はプレゼント魔だからわかりにくいけど普通一大イベントです。
それをカットするということは、『新唐書』はそもそも蕭瑀を李世民と仲良しな感じに書きたくなかったんじゃ?という疑念が湧いてきます。
李世民が洛陽を平定したとき宮城の国庫の封守を蕭瑀に任せた話もカットしてたし…

蕭瑀と李世民仲良しチェックリスト
①武徳四年に洛陽を平定した際、外戚の竇軌と並んで国庫の封守を任された(『旧唐書』太宗本紀)
②劉文静に謀叛の嫌疑がかかった際、李世民とともに文静を擁護した(『旧唐書』劉文静伝)
③李淵が長安の遷都を提起した際、言いだせなかったものの李世民と同様に反対した(『旧唐書』太宗本紀)
④李世民が雍州牧になった際、雍州都督に任じられた(『旧唐書』蕭瑀伝)
⑤玄武門の変が起きたのち、李淵に李世民を太子に立てるよう提言した(『旧唐書』隠太子建成伝)
⑥繍佛像、『大品般若経』の一部、袈裟などの仏具を贈られた(『旧唐書』蕭瑀伝)
⑦疾風勁草の詩を贈られた(『旧唐書』蕭瑀伝)
⑧74歳のときに李世民の行幸に随従した先で亡くなった(『旧唐書』蕭瑀伝)

が『新書』に載っているか漢籍電子文獻で全文検索して確認したところ↓
① ×
② ○(『新唐書』劉文静伝)
③ ×
④ ○(『新唐書』蕭瑀伝)
⑤ ○(『新唐書』隠太子建成伝)
⑥ ×
⑦ ○(『新唐書』蕭瑀伝)
⑧ ×

結論としては宋代の史官は蕭瑀x李世民を推してないということがわかりました
『舊唐書』と比べて『新唐書』がここまで蕭瑀に冷淡だったとは驚いた
仏教関連のことをカットするのは欧陽脩の編纂方針的にしょうがないにしても、③は唐代政治史的に重要なのになんでここカットしたんだろう
ちなみに司馬光は『通鑑』に収録してくれてます

ということで新旧唐書の蕭瑀伝を比較して思ったのは、宋代の史官は蕭瑀×李世民を推してないということでした。
ぐだぐだ長文書いてるけど漢籍電子文獻で遊んでただけですね それも何時間も…

ーーー

補足
・『新唐書』は蕭瑀だけでなく宇文士及などにも辛いので、別に蕭瑀だけが『新唐書』において冷淡に書かれているわけではないです
(そもそも『新唐書』は李世民に対しても厳しい)
・ちなみに『旧唐書』蕭瑀伝は封倫、蕭瑀、裴矩、宇文士及といった「隋ー唐に渡って重用された(ないしは隋から唐への政権委譲を積極的に容認した)人物」と同じ巻にまとめられており、『新唐書』蕭瑀伝は蕭瑀、蕭華、蕭倣と「唐王朝で栄えた蕭氏一族」で一巻にまとめられています
長孫無忌伝も『旧唐書』では高士廉とともに外戚で一巻にまとめられているものの、『新唐書』では褚遂良、韓瑗といった「武后の立后に反対した忠臣」たちと一巻にまとめられており、後晋の史官と北宋の史官では初唐の官僚のカテゴライズ(というか列伝の編纂方針)が大きく異なるようです