January 30,2017

〈しかし、これらの伝説や音楽の中に想像されるだけでなく、実際に金の桃は存在したのである。7世紀に2度、サマルカンド王国が、中国の皇帝に朝貢物として見事な黄色い桃を送った史実があり、「鶏卵ほどの大きさで、黄金のような色をしていたので「金桃」ともよばれた」と記録されている。
この王者の桃を実らせる木は、セリンディアの砂漠を越えて、駱駝に乗った外交使節団に運ばれ、長安の宮廷果樹園に植えられた(訳者注:セリンディアとは、オーレル・スタインが使った言葉で、中国を表す「セリカ」と「インド」の合成語。具体的には、トルキスタン東部、タクラマカン砂漠をさす。)
果たしてどんな実がなり、どんな味がしたのか、今となっては想像する由もない。この桃は、それにまつわる伝説ゆえに、神秘性を加えられ、唐代人が憧れ求めてやまなかった異国の品々、未知なるものの象徴となった。〉
『サマルカンドの金の桃―唐代の異国文物の研究』(エドワード・H・シェーファー著 伊原弘監修 吉田真弓訳、アシアーナ叢書 2007)

▼三毛さんが描いてくださいました!

メロン大好きバーブルさんと李世民さん…かわいいよ〜〜〜っっ