March 16,2017

貞觀十五年、太宗以文成公主妻之、令禮部尚書、江夏郡王道宗主婚、持節送公主於吐蕃。弄讚率其部兵次柏海、親迎於河源。見道宗、執子壻之禮甚恭。既而歎大國服飾禮儀之美、俯仰有愧沮之色。及與公主歸國、謂所親曰「我父祖未有通婚上國者、今我得尚大唐公主、為幸實多。當為公主築一城、以誇示後代。」遂築城邑、立棟宇以居處焉。公主惡其人赭面、弄讚令國中權且罷之、自亦釋氈裘、襲紈綺、漸慕華風。仍遣酋豪子弟、請入國學以習詩、書。又請中國識文之人典其表疏。
(『舊唐書』 列伝第百四十六 吐蕃上)

中国の服飾礼儀の美しさを見て愧じるソンツェン・ガンポは面白いしかわいい
あと示威行為として公主のために一城築いたというところが政治的で好きだな。
公主が赭面(顔に泥を塗る風習)を嫌がったら国中で禁止にしたとか、衣服や織物を華風にしたとか、有力者の子弟を唐に入国させて詩や書を習わせたとか、漢の文化や制度を吸収しようとする貪欲さがすき

松赞干布 – 维基百科,自由的百科全书
しかし生没年が史料によってここまでバラバラに書かれている人もそういないと思う
推定生年が557年だったり630年だったり70年のズレがあるのもおかしいけど、82歳まで生きた説と36歳で死んだ説があるのもおかしい。
いちおう矢崎正見氏が『ソンツェンガムポ王の年代推定に關する一考察』の中で諸説の総括として569年-650年説を採用されていたので私もその説を支持していますが、文成公主の降嫁時推定72歳だったソンツェンがその三年後に子どもを作れるのは夜に強すぎると思うんですけど